アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

賢い入手方法

動物のフェンス

一言で金網といってもその種類は多数あります。
屋外に設置するフェンスに使用するのに適した物もあれば、屋内で収納用に金属加工するのに適した物など、それぞれの金網には特徴があるので、用途に応じてそれに適したタイプのものを購入する必要があります。
但し、金網の使用目的が一つではなく複数あり、かつ使用量がそれほど多くないという場合には、それぞれの用途に適した物を少量ずつ購入するより、複数の用途への応用利用が可能な物を一括購入して利用した方が、費用的には安く抑えることが可能です。

例えば、亀甲金網は応用性が高い商品として知られています。亀甲金網は非常に古い歴史を持ち、家庭用ないし業務用として最も普及している商品です。
亀甲金網は隣接するワイヤー線をねじりあわせて網目を六角形に形作った商品であり、引き伸ばしたり、一部を切断しても全体としての強度が損なわれないのが特徴です。
その強度の高さから、一般家庭の庭などに設置されるフェンスに使用されたり、公共の公園などにおけるフェンスとして使用されたりしています。
また、複数のプレートを継ぎ足したり、切り離したりする金属加工も容易にできるため、業務用金属加工プレートとして使用されるケースも多いです。
尚、金属金網は網目のタイプも豊富であり、フェンス作りや金属加工等、用途に応じて使い分ける事ができること、またその応用性の高さからうまく計算して発注すれば工事費用を安く抑えることが出来るという利点があります。

金網の歴史

古いフェンス

金網は金属加工で金属を網状にしたもので、フェンスやバーベキューの焼き網といった調理器具などの用途として各産業や家庭をはじめとする広い範囲で使用されています。
金網のスペックは1インチの範囲にいくつの網目があるかを示すメッシュという単位で表されています。
日本においては明治時代初期の頃に普及しました。
使用用途に応じて金網制作における金属加工のされ方に種類があります。
網を六角形に金属加工する亀甲金網は鳥小屋によく用いられ、空調におけるダクトの保温の用途を持つグラスウールの固定にも使用されています。
他にも、線材を波状に曲げて金属加工するものをクリンプ金網は呼ばれ、前述したバーベキューの焼き網や建物の空気を取り込む際にダクト内に鳥が入ることを防ぐ防鳥網として使用されています。

また、金網は地面への設置が容易であることからフェンスとしても使用されています。
例を挙げると、シカやイノシシ、ネコなどの侵入を防ぐことで獣害から家庭菜園や果樹園、畑を守る防獣フェンスや、管理地や遊休地、発電施設や実験所といった危険な施設への人や獣の侵入を防ぐために用いられるフェンスといった、害や危険から遠のけるために侵入防止用のフェンスとして用いられ、他にも取り付けや移設、取り外しが容易であることから建設現場や工事現場の仮設フェンスとして用いられることや、ドッグランをするためのスペースを確保するためのフェンスとして用いられています。